報道・受賞・研究費

報道・受賞

齋藤 敦

  1. 2013年度 日本神経化学会奨励賞:小胞体ストレス応答による中枢神経系細胞の分化制御メカニズム. 2013年6月
  2. 日本解剖学会奨励賞:小胞体を起点とする生体制御機構の解析. 2013年3月
  3. 井上科学振興財団 第29回井上研究奨励賞:Regulation of endoplasmic reticulum stress response by a BBF2H7-mediated Sec23a pathway is essential for chondrogenesis. 2013年2月
  4. 第85回日本生化学会大会 鈴木紘一メモリアル賞:小胞体ストレスセンサーBBF2H7の小胞体内腔ドメインは細胞外に分泌され、周辺細胞の細胞増殖を促進する. 2012年12月
  5. 第11回 広島大学長表彰:教育研究活動の評価による (研究成果がNature Communications 誌に掲載). 2012年11月
  6. 広島大学産学連携若手研究者支援プログラム最優秀賞:小胞体ストレス応答による生体機能調節機構の解析. 2010年11月

獲得研究費

齋藤 敦

名称 研究課題 交付金額 研究期間
日本学術振興会研究活動スタート支援 小胞体ストレス応答による神経の分化及び機能制御機構の解析 242万円 H22~23年度
日本学術振興会若手研究(A) 小胞体を起点とする骨軟骨代謝の制御と破綻 1,990万円 H24~27年度
日本学術振興会挑戦的萌芽研究 小胞体ストレスセンサータンパク質による骨格系細胞分化制御機構の解明 290万円 H24~26年度
科学技術振興機構研究成果最適展開支援事業(A-STEP) 骨系統疾患の新規治療薬開発 130.8万円 H23年度
第28回(平成22年度)持田記念研究助成金 脳神経系における小胞体ストレス応答の分子機構解明と精神疾患治療基盤の確立 300万円 H22~23年度
(公財)住友財団2010年度基礎科学研究助成 小胞体ストレス応答による生体機能調節機構の解析 300万円 H22~23年度
(公財)武田科学振興財団2011年度ビジョナリーリサーチ助成 小胞体ストレス応答の制御による難病治療基盤の構築 200万円 H23~25年度
第43回(2011年度)内藤記念科学奨励金(研究助成) 小胞体機能制御による難病治療基盤の構築 300万円 H23~25年度
(公財)上原記念生命科学財団平成23年度研究奨励金 小胞体機能改善による骨系統疾患治療法開発 200万円 H23~25年度
(公財)細胞科学研究財団平成25年度研究助成金 間葉系幹細胞から骨・軟骨細胞への分化における小胞体ストレス応答の役割 300万円 H25~26年度
(公財)中島記念国際交流財団平成26年度日本人若手研究者助成金 小胞体機能制御による新規疾患治療法の基盤構築 500万円 H26年度
(公財)上原記念生命科学財団平成28年度研究助成金 小胞体マイクロフラグメント制御による疾患治療法開発 500万円 H28~29年度
(公財) 持田記念医学薬学振興財団平成29年度研究助成金 小胞体機能が制御する神経回路形成とその破綻による病態発現との関連解明 300万円 H29~30年度
(公財) 三井住友海上福祉財団平成29年度研究助成金 小胞体ストレス依存的に産生される小ペプチド断片の制御による包括的疾患治療法開発 160万円 H29~31年度

松久 幸司

名称 研究課題 交付金額 研究期間
平成26年度広島大学萌芽的研究支援金(若手研究者支援) 小胞体ストレスセンサーによる癌細胞間情報伝達機構の解明および癌治療法への応用 45万円 H26年度
H27年度第2回産学連携若手研究者支援プログラム 小胞体ストレス依存的に産生される小ペプチドを標的とした新規小胞体ストレス診断法の開発 30万円 H28~29年度
日本学術振興会若手研究(B) 小胞体ストレス依存的に産生される小ペプチドの細胞毒性解析と病態形成との関連性解明 320万円 H28~29年度
平成30年度広島大学研究支援金(若手研究者支援) 小胞体ストレスセンサー由来小ペプチドの神経変性疾患との関連解明 200万円 H30~H31年度